お役立ちコラム

COLUMN

お役立ちコラム

トップお役立ちコラムバルーンでデコレーション文化祭を盛り上げる! クラスみんなでバルーン装飾にチャレンジ!

文化祭を盛り上げる! クラスみんなでバルーン装飾にチャレンジ!

文化祭を盛り上げる! クラスみんなでバルーン装飾にチャレンジ!

学校の行事で、皆と一緒に何かを作り上げた経験は、一生モノの思い出になります。学生時代の記念に、バルーン装飾にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
バルーン装飾の魅力は、なんといってもその迫力にあります!カラフルでボリュームのある作品は文化祭を大いに盛り上げてくれるでしょう。
制作に大人数を必要とするバルーン装飾は、クラス全員でトライするのにうってつけ。
バルーンショップをアドバイザーにつければ、初心者でも成功は難しくありません。
皆で力を合わせて作ったという感動をきっと味わうことができます。

文化祭におすすめのバルーン装飾

大人数が一斉に作業できる強みを考えると、学生が文化祭でトライするバルーン装飾としては、アーチ(門)、コラム(円柱)、巨大なキャラクターなどが候補に挙げられます。それぞれの制作例を参考に、どんな装飾を作りたいかを話し合ってみましょう。

計画~作成までの流れ

①サイズや設置場所を決定し、イメージスケッチを描く

最初に決定しなければならないのは、下記のポイントになります。特にサイズは予算に関わる部分ですので、しっかりとイメージを固めます。また、バルーンは長期間保存することができないため、文化祭直前に制作しなければならないことを想定して、計画を立てます。

  • サイズ (全体の縦×横×高さ)
  • 設置場所(屋内・屋外)
  • 制作時間はどれくらい取れるか
  • 制作参加人数は何人か

上記が決まったら、出来上がりのイメージをスケッチしていきます。ここで詳細を決定しておくと、バルーンショップへの相談がスムーズになります。

②バルーンの調達

イメージスケッチを持参してバルーンショップに相談し、計画に無理がないかをチェックしてもらいます。問題がなければ、必要なバルーンの数や道具を用意します。バルーンは割れることを想定して多めに用意しましょう。

③制作

制作は文化祭直前となりますので、効率良く作業することが大切です。勝手がわからず、手持ちぶさたになっている人がいないように、作業手順を徹底させましょう。

わからないことはバルーンショップへ質問

バルーンショップで的確なアドバイスを貰うためにも、できるだけ具体的なイメージスケッチを作ることが大切です。方向性がはっきりしていれば、材料の見積もりや、用意するべき道具、気をつける点などを教えてもらえます。
また、学園祭でバルーン装飾にチャレンジする際は、ゲートや大規模デコレーションを作り慣れたバルーン装飾を専門に行うショップがおすすめ。小さなバルーンアートの作り方から、大掛かりな装飾、バルーンリリースまで相談に乗ってもらえます。

大掛かりなバルーン装飾が完成すると、最高にハッピーな気分が味わえます。
見る人にもインパクトが大きく、すべての年齢層に好評なのもバルーン装飾のメリット。
そんなバルーン装飾を、学生時代の思い出として作ってみてはいかがでしょうか。

簡単につくれるバルーン装飾についてはこちら

お役立ちコラム

よくある質問