お役立ちコラム

COLUMN

お役立ちコラム

トップお役立ちコラムバルーンアートにチャレンジ忘年会にも使える!バルーンアートを芸にしよう!

忘年会にも使える!バルーンアートを芸にしよう!

忘年会にも使える!バルーンアートを芸にしよう!

忘年会で「なにか芸を‥」と言われたとき、手軽にパッと披露できる特技があれば、場を盛り上げられますよね。
何か芸を身に着けたいという方は、バルーンアートにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。バルーンアートは難しいと思っている方が多いかもしれませんが、風船をきゅっとねじる勇気さえ持てたら、意外と簡単です。
ここでは、忘年会に最適なバルーンアートについてご紹介しましょう。

はじめは風船1本で作れる 基本の動物から

忘年会でバルーンアートを披露する際には、作品を作り上げるまでに時間がかかりすぎないよう、注意しなければなりません。上級者であればトークでつなげることができますが、初心者はそれが難しいため、間が持たなくなってしまいます。

そのため、いきなり難易度の高いものにチャレンジせずに、風船1本で作れる簡単なアートから始めることをおすすめします。基本の「犬」や「花」などをできるだけ早く作れるように練習しましょう。

バルーンアートになるひねり方について

ここでは、バルーンアートの基本となるひねり方についてご紹介します。素早くキレイにひねられるように、繰り返し練習しましょう。

 

バブル

バルーンをひねってできる部分を「バブル(泡)」と言います。ひねる間隔が狭いと、バブルの名のとおり球形になります。バルーンアートでは、さまざまな長さのバブルを組み合わせて形を作ります。まずは、いろいろな長さのバブルを作れるように練習しましょう。

 

輪ひねり(ループツイスト)

長いバブルを半分に折り、根元をひねって留めます。花びらなどを作るときによく使います。バルーンをひねる際に気をつけることは、必ずひねる方向を揃えること。最初に時計回りでひねり、次を反時計回りにひねるとほどけてきてしまいます。

 

たらこひねり(ロックツイスト)

同じ長さのバブルを2つ作り、根元をまとめてねじって留めます。ウサギの耳など一対の形を作るときによく使います。ひねる際にバルーンがこすれ合わないよう、少し引っ張りながらひねるのがコツです。

バルーン1本でできる基本のモチーフ「イヌ」

イヌのモチーフは、バルーンアートの基本中の基本と言われています。とても作りやすいモチーフですので、初心者はイヌで練習することをおすすめします。

 

  1. ①頭となる1つ目のバブルを作る
  2. ②2つ目と3つ目のバブルをたらこひねりにして耳を作る
  3. ③首となる4つ目のバブルを作る
  4. ④5つ目と6つ目のバブルをたらこひねりにして前足を作る
  5. ⑤胴となる7つ目のバブルを作る
  6. ⑥8つ目と9つ目のバブルをたらこひねりして後ろ足を作る
  7. ⑦残った部分を尻尾にして完成

 

顔や胴、尻尾になるバブルの長さを変えることで、いろいろな犬種を作ることができます。基本を覚えたら、長さを変えて違う犬種を作ってみましょう。

バルーンリングやブレスレットなど身につけられるものを作ろう

凝ったバルーンアートを作ろうとすると、どうしても時間がかかってしまいます。キャラクターバルーン(人形)になると、慣れた人でも作るのに15~30分は必要です。
宴会芸には短時間で完成するものが向いていますので、簡単にパパっと作れるバルーンアートを覚えましょう。

 

バルーンリング 

赤(ルビー)や緑(エメラルド)の球形バブルを黄色のバルーンにつなげます。黄色のバルーンで輪を作れば、とても大きな宝石がついた指輪に。プロポーズの言葉と共に女性に贈れば、忘年会が盛り上がること間違いなしです。

 

バルーンブレスレット

白の球形バブルをつなげて輪にすると、あっという間に真珠のブレスレットが出来上がります。ノリの良さそうな女性に、「これほど大粒の真珠はなかなかありません!」と贈れば、楽しい返しをしてくれるかも!?

 

サーベル

バルーンの端を2回折って、ひねるだけで簡単に作れます。手早く2本作って2人に渡せば、即席で決闘シーンを演じられます。バルーンサーベルは特に男の子に大人気!子どもが参加するお楽しみ会などでは鉄板のアイテムです。

忘年会らしい季節もので盛り上げる

シーズンに合うオーナメントの作り方を覚えておけば、それぞれのシチュエーションにふさわしいバルーンアートで場を盛り上げることができます。
忘年会が開催される日が「クリスマス」の前であればリースなどのクリスマスに関するモチーフを、後であれば正月飾りなどのお正月に関するモチーフを作ると、季節感を演出できます。

 

→ クリスマス型忘年会に

→ 年忘れ・お正月準備型忘年会に

バルーンアートは、風船さえあればすぐにできるのが魅力です。またバルーンでできたモチーフは、とても可愛らしく人を和やかな気持ちにします。 バルーンアートをマスターして、忘年会を盛り上げてみてはいかがでしょうか。

マジックバルーンを始めてみませんか

何か趣味を見つけたい、どうやってバルーンで作っているか知りたい、作ってみたい、基礎から習得したいなど探されてる方達の為に JBANバルーンスクール(ホビーコース)の講師がそれぞれの地域でスクールを開催出来ることとなりました。
細長いバルーンで簡単な動物から色々な形のバルーンを使ってのデコレーションまで幅広く作品を作りながら学べます。 お近くのスクールで基礎をしっかり、制作しながら楽しく学びませんか。

※開催日程などは各講師で異なりますので、お手数ですが受講されたい地域の講師へ直接お問い合わせください。

お役立ちコラム

よくある質問