エアコンに
取り付けるだけで
「電力回復」

                   

エアコン消費電力 大幅回復

CONTINEWM®の電力回復のメカニズム

① エアコン内の熱交換器(フィン)および樹脂製パネル(絶縁体)は、ファンの回転に伴う空気との摩擦により静電気が発生し、プラスに帯電しています。エアコンが帯電すると、空気の流れが本来意図していたものにならず、熱交換効率が低下します。

② CONTINEWMを熱交換器の手前(風の流れの上流側)に装着します。すると、CONTINEWMは常にマイナス電位に維持されているためプラスの電荷発生を抑え、ゼロ電荷状態の空気に変えます。このことで、エアコンは静電気の影響を受けず、本来意図していた熱交換効率を発揮することができます。

CONTINEWM®の導入メリット

空調機器を改造せず、工事も不要。エアコンを運転したまま、誰でもすぐに、低コストで取り付けられます。

性能向上のため、何度も改良を加えるとともに、軽く、柔軟な構造にしました。取り付け後のお手入れも簡単。ランニングコストがかかりません。

既存のエアコンに付けるだけで、電気代(ガス代)を回復します。電気などの動力を一切使わないので、「二酸化炭素量削減」にもつながります。

取付方法

  • 【天カセタイプ】

    カバーを開け、フィルターの上に乗せます。
    カバーとフィルターの間に挟まないでください。

  • 【長方形埋め込みタイプ】

    室内機の大きさにより、1/2などにカットしてフィルターの上に乗せたり、図のように空き空間に挟み込みます。

  • 【冷蔵庫、冷凍庫用冷却器】

    冷却器と壁との間に隙間がある場合は、吸い込み(熱交換器側)に取り付けます。

  • 【床置きタイプ】

    前面下のパネルを手前に開き、CONTINEWMをフィルターとほぼ同じ大きさに切り、また接続してフィルターの奥に装着します。

問い合わせ

よくある質問